「方法」としての人間と文化

書誌事項

「方法」としての人間と文化

佐藤嘉一編著

ミネルヴァ書房, 2004.3

タイトル別名

方法としての人間と文化

〈方法〉としての人間と文化

タイトル読み

ホウホウ トシテノ ニンゲン ト ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 108

注記

近現代史年表: p208-220

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

私たちにとって文化とは、いかなる意味を持つのか。文化の特徴的具体的な現象や側面に光をあて、それぞれの問題ごとに独自の観点や手法を用いて、現代社会における人間と文化について理解を深める。そして同時に、多様な文化現象に翻弄されないための「道しるべ」を提示する。

目次

  • 人間と文化を考えるために
  • 第1部 「わたしと知」の次元(「あかずきんちゃん」と『ロビンソン・クルーソー』—民話の世界から「わたくしの物語」の世界へ;社会科学および社会学における「ロビンソン問題」;アイデンティティの行方)
  • 第2部 「スタイルと表現」の次元(ひとつの仮想美術展—世紀の転換期と表象のディスクール;身体表現の世界;ファッションと「私らしさ」の文化装置—ファッション人間学試論)
  • 第3部 「かかわりと社会」の次元(アソシエーションの歴史と現代の公共圏;ボランティアと市民社会;若者の関わり合いと社会病理 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66685162
  • ISBN
    • 4623039927
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 228p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ