書誌事項

古代ギリシア遺跡事典

周藤芳幸, 澤田典子著

東京堂出版, 2004.9

タイトル別名

Αρχαιολογικος οδηγος της Ελλαδας

Archaiologikos odēgos tēs Elladas

タイトル読み

コダイ ギリシア イセキ ジテン

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

おもな参考文献: p256-257

古代ギリシア史年表: p258-259

内容説明・目次

内容説明

古代ギリシア世界を理解するうえで欠かすことのできない14の遺跡を厳選して紹介。古代の遺跡の歴史的意義と、現在、目にすることができる遺跡の姿とその性格を詳細に論じる。

目次

  • 失われた伝説の宮殿—クノッソス
  • 黄金に満ちた英雄の居城—ミケーネ
  • 民主政治のふるさと—アテネ
  • 彼岸の幸福を祈る秘儀の聖域—エレウシス
  • 古代オリンピック競技会の舞台—オリュンピア
  • 病を癒やす医神アスクレピオスの神域—エピダウロス
  • アポロンの声ひびく聖地—デルフィ
  • マケドニア王国発祥の地—ヴェルギナ
  • 栄華を極めた古代マケドニアの都—ペラ
  • オリュンポスの懐に抱かれた聖地—ディオン
  • 古代秘儀とニケの島—サモトラケ
  • アポロンの聖なる島—デロス
  • 東地中海交易で名を馳せたヘレニズム都市—ロドス
  • ヘレニズム文化の粋を極めた城塞都市—ペルガモン

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ