書誌事項

武士と荘園支配

服部英雄著

(日本史リブレット, 24)

山川出版社, 2004.9

タイトル読み

ブシ ト ショウエン シハイ

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

教科書には必ず取りあげられる「武士と荘園支配」。古くからのテーマであっても、つねに新しく魅力的な課題である。フレッシュで躍動的な武士像をお見せするために、本書ではいくつかの切り口—山野河海・流通・差別と用意した。武力を背景に、所領である現地・荘園を、武士はいかに支配したのか。あらゆる利権を貪欲にあさりつづける武装した総合商社、そんな風に中世武士団を考え直してみた。

目次

  • 1 山野河海—武具・兵士・分業(狩倉と皮革製品・武具;人吉荘狩倉と染革;皮染給と弓の課役;弓作と弦売;鹿狩り・鷹狩りの禁制;鷹栖・狩人・牧;桧楚(比曽);紺灰;簗)
  • 2 流通体系の把握(市場在家;市日の騒擾;地頭の市場支配;津・倉敷・海上番役;九州随一の水軍・山鹿秀遠とその末裔)
  • 3 武士と河原の者(犬追物と河原の者;祭祀の場と「坂の者」「河原の者」—興行支配)
  • 4 佃と出挙(佃・正作の利点;佃・正作と井料・仏神田の併置)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA68889651
  • ISBN
    • 9784634542402
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    107p, 図版1枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ