官邸外交 : 政治リーダーシップの行方

書誌事項

官邸外交 : 政治リーダーシップの行方

信田智人著

(朝日選書, 761)

朝日新聞社, 2004.10

タイトル読み

カンテイ ガイコウ : セイジ リーダーシップ ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 153

内容説明・目次

内容説明

テロ対策特措法と有事法制の成立、自衛隊のイラク派遣はいかに実現したのか?いまや外交問題でも政策決定の主導権を握り、混迷する世界情勢のなかで迅速に政策を推進する内閣官房。「官邸」という権力の中枢は、いかなる組織をもち、どのような役割を果たしているのか。外交経験が少なく、党内の勢力基盤の弱い小泉首相の政治リーダーシップを支える政策過程とは?数多くの政策担当者へのインタビューなどで得た証言をもとに官邸主導外交の全貌を浮き彫りにし、その可能性を探る。

目次

  • 第1章 官邸主導体制の確立(実質的な副首相となった官房長官;「陰の総理」官房副長官 ほか)
  • 第2章 テロ対策特措法と有事関連法—小泉政権における官邸主導外交(テロ対策特措法;有事関連法)
  • 第3章 イラク特措法と自衛隊派遣(湾岸戦争、イラクの査察拒否;ブッシュ政権と強硬派の登場 ほか)
  • 第4章 官邸外交のルーツ(中曽根の目指した「大統領的首相」;中曽根による官邸充実 ほか)
  • 終章 官邸主導外交をどう考えるか(米国からの教訓;官邸外交の落とし穴 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ