政治は技術にどうかかわってきたか : 人間を真に幸せにする「社会の技術」

書誌事項

政治は技術にどうかかわってきたか : 人間を真に幸せにする「社会の技術」

森谷正規著

(朝日選書, 763)

朝日新聞社, 2004.11

タイトル別名

政治は技術にどうかかわってきたか : 人間を真に幸せにする社会の技術

タイトル読み

セイジ ワ ギジュツ ニ ドウ カカワッテ キタカ : ニンゲン オ シン ニ シアワセ ニ スル シャカイ ノ ギジュツ

大学図書館所蔵 件 / 151

注記

参考文献: p225-227

内容説明・目次

内容説明

いま人類は大きな「矛盾」のなかにいる。技術の進歩で産業は高度に発達し、家庭生活も著しく便利になったものの、半面、それゆえに新たな難題をいくつも抱えることになった。環境破壊、廃棄物処理、ヒートアイランド現象など都市問題…。現代人の「社会的生活」は決して豊かなものにはなっていない。技術評論の第一人者が、その難題を克服する道筋を懇切丁寧に解説する。カギを握るのは政治。風力発電やバイオマス、燃料電池など新しい技術の「芽」を育てる社会的システムをどう作るのか?豊富な事例をもとに、企業と家庭の利便性向上に偏重された技術が目指すべき、もう一つの道が明快に語られる。技術の「あす」がわかる決定版。

目次

  • 第1章 「社会的生活」の向上が新たな政治課題
  • 第2章 「産業」の技術を支援してきた日本の政治
  • 第3章 「社会」の技術に政治はいかにかかわったか
  • 第4章 海外各国に見る技術と政治
  • 第5章 「社会」に技術を向ける政治の役割
  • 終章 技術の治水へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ