書誌事項

タウリケーのイーピゲネイア

エウリーピデース作 ; 久保田忠利訳

(岩波文庫, 赤(32)-106-2)

岩波書店, 2004.12

タイトル別名

Ιφιγενεια η εν Ταυροισ

Iphigeneia ē en Taurois

タイトル読み

タウリケー ノ イーピゲネイア

大学図書館所蔵 件 / 231

注記

背のシリーズ番号: 赤106-2

標題紙と表紙のシリーズ番号: 32-106-2

訳の底本としたテクスト: J. Diggle, Euripidis Fabulae, II, Oxford, 1981

『ギリシア悲劇全集7』所収の『タウリケーのイーピゲネイア』 (久保田忠利訳, 岩波書店, 1991) に手を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

父アガメムノーンによって生贄にされた悲運の王女イーピゲネイア。奇跡的に女神アルテミスに救われ、今はタウリケーで望郷の日々を過ごす。そこへやってきたのが母殺しの罪によって故郷を追放された弟オレステース。二人はいかにして互いの素性に気づくのか。ギリシア三大悲劇詩人エウリーピデースの後期を代表する作品。新訳。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69960616
  • ISBN
    • 400321062X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    grc
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    224, 12p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ