書誌事項

戦争請負会社

P・W・シンガー著 ; 山崎淳訳

日本放送出版協会, 2004.12

タイトル別名

Corporate warriors : the rise of the privatized military industry

タイトル読み

センソウ ウケオイ ガイシャ

大学図書館所蔵 件 / 244

注記

第6刷 (2011.6) の出版者表示: NHK出版

内容説明・目次

内容説明

国家の軍事業務を代行する、それが軍事請負企業だ。冷戦終結後、各国が軍縮に向かい、軍務の外注化を進めると、請負業界は大きく成長した。業界の市場収入は、年間1000億ドルにも上る。非合法の取引、政治家との癒着などあまりにも不透明な軍事請負業の全貌を、米ブルッキングズ研究所の気鋭の研究者が初めて明らかにする。

目次

  • 第1部 勃興(戦争民営化の時代か?;軍事民営化の歴史;民営軍事請負業を見分ける;なぜ安全保証が民営化されたか?)
  • 第2部 組織と活動(世界に広がる軍事請負業;民営軍事請負企業の分類;軍事役務提供企業 エグゼクティブ・アウトカムズ社;軍事コンサルタント企業 MPRI社;軍事支援企業 BRS社)
  • 第3部 さまざまな問題(請負契約のジレンマ;市場力学と安全保障の世界的崩壊;民間企業および文民と軍人の均衡;公共の終焉は民営軍事か;道徳と民営軍事請負企業;結論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7059189X
  • ISBN
    • 9784140810101
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    485p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ