書誌事項

中世都市を語る

石井進著 ; 石井進著作集刊行会編集

(石井進著作集 / 石井進著作集刊行会編集, 第9巻)

岩波書店, 2005.5

タイトル読み

チュウセイ トシ オ カタル

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

書名は背による

月報あり

参考文献あり

初出一覧: p371-373

解説: 藤原良章, 高田陽介

収録内容

  • 日本の中世都市
  • 地方都市としての国府
  • 中世都市論の課題
  • 中世都市鎌倉研究のために : 大三輪龍彦氏の近業によせて
  • 都市鎌倉における「地獄」の風景
  • 鎌倉に入る道・鎌倉のなかの道
  • よみがえる中世都市鎌倉
  • 文献からみた中世都市鎌倉
  • 中世六浦の歴史
  • 六浦・金沢の歴史と現在
  • 「宮寺縁事抄」にあらわれた博多
  • 城・居館・宿 : 小山氏と鷲城
  • 復元された戦国の城下町一乗谷
  • 見えてきた中世の港湾都市 : 青森・十三湊遺跡の調査一〇年
  • 奈良の町を歩く : 大伽藍が「町」になった
  • 「都市と宗教」序 : 宗教と武人の時代、中世
  • 一の谷遺跡と中世都市
  • 中世の都市と墓
  • 一の谷中世墳墓群遺跡の歴史的背景
  • 一の谷中世墳墓群の周辺

内容説明・目次

目次

  • 1 中世都市論(日本の中世都市;地方都市としての国府;中世都市論の課題)
  • 2 中世都市鎌倉とその周辺(中世都市鎌倉研究のために—大三輪龍彦氏の近業によせて;都市鎌倉における「地獄」の風景 ほか)
  • 3 中世都市の諸相(「宮寺縁事抄」にあらわれた博多;城・居館・宿—小山氏と鷲城;復元された戦国の城下町 一乗谷;見えてきた中世の港湾都市—青森・十三湊遺跡の調査一〇年;奈良の町を歩く—大伽藍が「町」になった)
  • 4 中世都市と墳墓(『都市と宗教』序—宗教と武人の時代、中世;一の谷遺跡と中世都市;中世の都市と墓;一の谷中世墳墓遺跡の歴史的背景;一の谷中世墳墓群の周辺)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 石井進著作集

    石井進著作集刊行会編集

    岩波書店 2004.9-2005.6

    所蔵館2館

詳細情報

ページトップへ