イギリス小説の知的背景

書誌事項

イギリス小説の知的背景

松本啓著

(中央大学学術図書, 60)

中央大学出版部, 2005.9

タイトル読み

イギリス ショウセツ ノ チテキ ハイケイ

大学図書館所蔵 件 / 136

内容説明・目次

目次

  • 「慈悲深き神慮」—モルの場合
  • 「慈悲深き神慮」—パミラの場合
  • ヘンリー・フィールディングの背景—『ジョウゼフ・アンドルーズ』を中心にして
  • 『トリストラム・シャンディ』について
  • スターンの「センチメンタリズム」について
  • ロマンスと諷刺—『ノーサンガー僧院』の場合
  • ジェイン・オースティンと感情教育—『分別と多感』の場合
  • ジェイン・オースティンと「神慮」—『マンスフィールド荘園』と『説得』をめぐって
  • 慈悲深き神—薄幸の少女ネルの場合
  • 理想と現実の狭間—『ミドルマーチ』をめぐって
  • ハーディの初期の小説
  • トマス・ハーディと「神慮」—『はるか群衆を離れて』をめぐって
  • トマス・ハーディの知的背景—『熱のない人』をめぐって
  • “To Please his Wife”と慈悲深き神

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ