オノマトペ《擬音語・擬態語》を考える : 日本語音韻の心理学的研究

書誌事項

オノマトペ《擬音語・擬態語》を考える : 日本語音韻の心理学的研究

丹野眞智俊著

あいり出版 , 松籟社 (発売), 2005.8

タイトル別名

オノマトペ擬音語・擬態語を考える : 日本語音韻の心理学的研究

オノマトペ擬音語擬態語を考える : 日本語音韻の心理学的研究

タイトル読み

オノマトペ ギオンゴ ギタイゴ オ カンガエル : ニホンゴ オンイン ノ シンリガクテキ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 141

注記

オノマトペ(擬音語・擬態語)関係文献: p168-171

オノマトペ関連著者文献: p172-185

引用・参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 1章 オノマトペ研究はどのようにされてきたか
  • 2章 オノマトペはどのように分類されるか
  • 3章 オノマトペの清音と濁音はどう異なるか
  • 4章 オノマトペの音象徴はどのようなものか
  • 5章 音韻と音象徴の関係はどうなっているか
  • 6章 オノマトペはどのように発達するか
  • 7章 短歌の音韻はどのように使われているか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73440132
  • ISBN
    • 4879849065
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都,京都
  • ページ数/冊数
    vi, 190p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ