日本古代の氏族と国家

書誌事項

日本古代の氏族と国家

直木孝次郎著

吉川弘文館, 2005.12

タイトル読み

ニホン コダイ ノ シゾク ト コッカ

大学図書館所蔵 件 / 125

内容説明・目次

内容説明

日本古代史の重要テーマである氏族と国家の関わりをはじめ、東アジアの国際関係、信濃遷都計画、伊勢神宮の成立、古墳と宮跡、木簡、奈良期の地名など、史料を駆使して解明。様々な切り口で新たな古代史像を提示する。

目次

  • 1 氏族と国家(欠史八代と氏族系譜—臣姓系譜を中心に;河内の渡来人と古代国家 ほか)
  • 2 国際関係(百済滅亡後の国際関係—とくに郭務〓(そう)の来日をめぐって;天武朝の国際関係と難波宮)
  • 3 古墳と宮跡(奈良県島の山古墳の被葬者をめぐって;奈良県島の山古墳の一史料—古墳の旧所有者と古墳の名称 ほか)
  • 4 諸問題(伊勢神宮の成立について—天照大神の没落と復活;摂津国の成立 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74441888
  • ISBN
    • 4642024425
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    7, 247, 13p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ