絵はがきにされた少年

書誌事項

絵はがきにされた少年

藤原章生著

集英社, 2005.11

タイトル読み

エハガキ ニ サレタ ショウネン

大学図書館所蔵 件 / 161

注記

主な参考資料: p258

引用文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

砂塵のように消えゆく運命の、名もなく貧しき人々が、生きた軌跡を、残した言葉を、筆者は温かい目で掬いあげ、揺らがない視点で記す。アフリカ特派員として、5年半を費やした取材の結晶。第3回開高健ノンフィクション賞受賞作。

目次

  • 第1部 奇妙な国へようこそ(あるカメラマンの死;どうして僕たち歩いてるの;嘘と謝罪と、たったひとりの物語;何かを所有するリスク)
  • 第2部 語られない言葉(絵はがきにされた少年;老鉱夫の勲章;混血とダイヤモンド;語らない人、語られない歴史)
  • 第3部 砂のよう、風のように(ゲバラが植えつけた種;「お前は自分のことしか考えていない」;ガブリエル老の孤独)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74608848
  • ISBN
    • 408781338X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    258p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ