官邸主導 : 小泉純一郎の革命

書誌事項

官邸主導 : 小泉純一郎の革命

清水真人著

日本経済新聞社, 2005.12

タイトル読み

カンテイ シュドウ : コイズミ ジュンイチロウ ノ カクメイ

大学図書館所蔵 件 / 133

注記

参考文献: p405

内容説明・目次

内容説明

非主流派閥の「変人」政治家がなぜ「戦後最強の宰相」となり得たのか。

目次

  • 序章 小泉純一郎最後の人事—「司令塔」交代の深層
  • 第1章 武村正義の誤算—政治不在の住専処理策
  • 第2章 梶山静六の直感—財政構造改革「大会議」の実験
  • 第3章 孤高の橋本龍太郎—迷走する「双頭の鷲」
  • 第4章 「真空」の小渕恵三—乗り込んできた民間人
  • 第5章 「司令塔」竹中平蔵の挑戦—小泉純一郎の革命1
  • 第6章 ラ・マンチャの男の「正気」—小泉純一郎の革命2
  • 終章 「強い首相」登場の必然と皮肉—未完の政治構造改革

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ