大江戸飼い鳥草紙 : 江戸のペットブーム

書誌事項

大江戸飼い鳥草紙 : 江戸のペットブーム

細川博昭著

(歴史文化ライブラリー, 208)

吉川弘文館, 2006.2

タイトル別名

大江戸飼い鳥草紙 : 江戸のペットブーム

タイトル読み

オオエド カイドリ ソウシ : エド ノ ペット ブーム

大学図書館所蔵 件 / 212

注記

主要史料・引用参考文献: p225-229

内容説明・目次

内容説明

江戸時代、空前の小鳥ブームが起こった。癒しを求めて鳥を飼う人、それを商う人、生態を研究した人や図譜を残した人…。滝沢馬琴の日記に今と変わらぬ愛鳥家の姿を探り、飼い鳥文化と当時のペットブームの実態を描く。

目次

  • 江戸の人々に愛された「飼い鳥」—プロローグ(江戸のペットブーム;滝沢馬琴)
  • 滝沢馬琴と鳥との関係(馬琴の生きた時代とその日記;『馬琴日記』の鳥に関する記述;馬琴と彼の鳥)
  • 江戸の人々はどのように鳥を愛したか(江戸時代以前の人と鳥との関わり;鳥の入手方法と飼われていた鳥たち;小鳥の飼育文化;江戸の人々が飼い鳥に見いだした楽しみ)
  • 鳥の飼育書と図譜(鳥の飼育書と解説書;馬琴が作った鳥類図鑑)
  • 江戸の人々と動物(江戸時代の人と動物との関わり;江戸城で飼われていた鳥)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ