制度からガヴァナンスへ : 社会科学における知の交差

書誌事項

制度からガヴァナンスへ : 社会科学における知の交差

河野勝編

東京大学出版会, 2006.1

タイトル別名

From institution to governance : a social science interchange

制度からガヴァナンスへ : 社会科学における知の交差

タイトル読み

セイド カラ ガヴァナンス エ : シャカイ カガク ニ オケル チ ノ コウサ

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

英文タイトルは標題紙裏による

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • ガヴァナンス概念再考
  • 第1部 アプローチ(歴史比較制度分析のフロンティア;制度進化における淘汰と模倣—分析枠組みと日本の経済制度への応用;制度の変容と共有された期待—ガヴァナンスへの実験社会心理学的アプローチ)
  • 第2部 ケース(経済開発におけるガヴァナンス;民主主義ガヴァナンスのメカニズム;国際安全保障の空間的ガヴァナンス)
  • 第3部 クリティーク(「ガヴァナンス」についての一考察;誰のためのガヴァナンスなのか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7533956X
  • ISBN
    • 9784130362252
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 255p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ