書誌事項

日経連 : もうひとつの戦後史

ジョン・クランプ著 ; 渡辺雅男, 洪哉信訳

桜井書店, 2006.1

タイトル別名

Nikkeiren and Japanese capitalism

タイトル読み

ニッケイレン : モウ ヒトツ ノ センゴシ

大学図書館所蔵 件 / 94

注記

原著 (RoutledgeCurzon, 2003) の全訳

文献表: p267-278

内容説明・目次

内容説明

「階級闘争」が闘われていた時代、日経連は資本の前衛として振る舞っていた。財界とは、階級とは、労働組合とは、そして戦後日本資本主義とは。

目次

  • 第1章 日本資本主義の本質—理解と現実
  • 第2章 一九四五年の日本のボスたち—打撃は受けたが打倒はされなかった
  • 第3章 いまや、われわれはみんな勤労者—イデオロギーと組織の防衛(一九四五‐四七年)
  • 第4章 反撃—労働者に誰がボスなのかを教えてやれ(一九四八‐六〇年)
  • 第5章 アクセルとブレーキを同時に踏み込む—高度成長と賃上げ抑制の試み(一九六一‐七三年)
  • 第6章 機会をつかむ—オイル・ショックをボスたちの利益に(一九七四‐八〇年)
  • 第7章 確信にあふれて—特殊な存在としての日本(一九八一‐九一年)
  • 第8章 景気後退とその効果—労働運動の停滞と日経連の消滅(一九九二‐二〇〇二年)
  • 第9章 結論—日経連と日本資本主義

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ