書誌事項

武蔵野

国木田独歩作

(岩波文庫, 緑(31)-019-1)

岩波書店, 2006.2

改版

タイトル読み

ムサシノ

大学図書館所蔵 件 / 232

注記

岩波文庫『武蔵野』(初版, 1939年刊) に校訂を加えたもの

国木田独歩略年譜: p265-269

収録内容

  • 武蔵野
  • 郊外
  • わかれ
  • 置土産
  • 源叔父
  • たき火
  • おとづれ
  • 詩想
  • 忘れえぬ人々
  • まぼろし
  • 鹿狩
  • 河霧
  • 小春
  • 遺言
  • 初孫
  • 初恋
  • 糸くず

内容説明・目次

内容説明

初期の作品一八篇を収めた国木田独歩(一八七一‐一九〇八)自選の短篇集。ワーズワースに心酔した若き独歩が、郊外の落葉林や田畑をめぐる小道を散策して、その情景や出会った人々を描いた表題作「武蔵野」は、近代日本の自然文学の白眉である作者の代表作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75552534
  • ISBN
    • 400310191X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    278p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ