書誌事項

神国日本

佐藤弘夫著

(ちくま新書, 591)

筑摩書房, 2006.4

タイトル別名

神国日本

タイトル読み

シンコク ニホン

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

引用・参考文献一覧: p229-232

内容説明・目次

内容説明

日本は神国である。—誰もが耳にしたことのあるこの言説。しかし、われわれは、「神国日本」がいったい何を意味するのか、本当に知っているのだろうか?その展開を実証的にたどってみると意外な事実が見えてくる。たとえば、「ナショナリズム」を高揚させるイデオロギーと思われがちなこの思想も、中世においては、必ずしも、他国に対する日本の優越を説くものではなかったのだ。その他、天皇・仏教的世界観など、さまざまな観点より、古代から中世、そして近世・近代に至る神国言説を読み解く。一千年の精神史。

目次

  • 序章 神国思想・再考への道
  • 第1章 変動する神々の世界
  • 第2章 神と仏との交渉
  • 第3章 神国思想の成立と変容
  • 第4章 神国思想の歴史的意義
  • 第5章 疎外される天皇
  • 終章 神国の行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ