古代エジプト文明社会の形成

書誌事項

古代エジプト文明社会の形成

高宮いづみ著

(学術選書, 012 . 諸文明の起源||ショブンメイ ノ キゲン ; 2)

京都大学学術出版会, 2006.6

タイトル別名

古代エジプト : 文明社会の形成

タイトル読み

コダイ エジプト ブンメイ シャカイ ノ ケイセイ

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

古代エジプト文明への理解をさらに深めるための文献案内: p309-339

内容説明・目次

内容説明

ピラミッド、スフィンクス、ツタンカーメン…世界四大文明のなかで、現代もなおアピール度の高さで群を抜くエジプト。3000年続いた王朝国家、ということだけでも古代文明屈指の成熟度を示す。本書の主役も「王朝」ではあるが、重点はむしろそこに至る過程にある。ナイル河を中心とする自然環境と、それと戦い、かつ利用して獲得された生活がどのようなものであったか。やがて文明社会が形成されて国家の誕生に至るまでを、簡潔に、そして鮮やかに描き出す。

目次

  • 第1章 古代エジプトの自然環境
  • 第2章 古代エジプトの歴史概観
  • 第3章 古代エジプトの生活様式
  • 第4章 古代エジプトの王と国家
  • 第5章 古代エジプトの集落と外国
  • 第6章 古代エジプトの宗教
  • 第7章 古代エジプトの文字と図像表現
  • 終章 古代エジプト文明の形成

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ