新・学歴社会がはじまる : 分断される子どもたち

書誌事項

新・学歴社会がはじまる : 分断される子どもたち

尾木直樹著

青灯社, 2006.11

タイトル別名

新学歴社会がはじまる : 分断される子どもたち

タイトル読み

シン ガクレキ シャカイ ガ ハジマル : ブンダン サレル コドモ タチ

大学図書館所蔵 件 / 180

内容説明・目次

内容説明

学力の二極化が進んでいる。私立中学や中高一貫校に進む少数のできる子。塾や家庭教師を頼める富裕層の子弟で、詰め込み教育復活の結果、早いうちからストレスをためこみ、家庭内暴力も少なくない。一方、その他大勢の、できる子以外は習熟度別授業で別コースに固定され、学習意欲も低く、将来の下流社会人候補だ。経済界の要請を受けた国のエリート教育政策への転換が今日、学校現場を荒廃させている。子どもの立場にたつ教育論の第一人者が、その深刻な現状と再生を考える。

目次

  • 1 広がる格差—階層社会化する日本
  • 2 教育格差と学校の多様化・複線化—競争原理と選択の自由の真相
  • 3 学力格差を拡大化させた学力低下論争—その経緯と真相と結末
  • 4 働き方・生き方の格差—ニート問題から見えるもの
  • 5 「勝ち組」の未来はバラ色か—バーチャルな金融教育の落とし穴
  • 6 親の要求は「学力」よりも「心」—隠れる本音
  • 7 機会平等、教育に希望を—ライフラインとしての教育保障

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA79128770
  • ISBN
    • 9784862280084
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    268p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ