法と企業行動の経済分析

書誌事項

法と企業行動の経済分析

柳川範之著

日本経済新聞社, 2006.11

タイトル読み

ホウ ト キギョウ コウドウ ノ ケイザイ ブンセキ

大学図書館所蔵 件 / 233

注記

参考文献: p372-383

内容説明・目次

内容説明

なぜ法制度に関する経済分析が必要か。そこにはコーポレート・ガバナンス、M&A、事業再生、職務発明など、多くの今日的課題が存在するからだ。最新の理論と具体的事例を駆使して日本経済喫緊のテーマを総合的に解説した決定版。

目次

  • 法制度はなぜ重要なのか
  • コーポレート・ガバナンス—株主が重要事項を決められるのはなぜか
  • M&Aの経済学—敵対的買収・防衛策・取引所の意義
  • 事業再編ケーススタディ・雪印乳業
  • 破綻法制・事業再生
  • 事業再生ケーススタディ・日東興業
  • 株式消却に関する実証分析
  • 証券化の役割と課題
  • 職務発明
  • 取引法、契約法—契約理論との関連
  • 開発経済・マクロ経済へのインパクト—エンフォースメント問題
  • 政治的決定プロセス

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA79387928
  • ISBN
    • 9784532133238
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 386p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ