和解のために : 教科書・慰安婦・靖国・独島

書誌事項

和解のために : 教科書・慰安婦・靖国・独島

朴裕河著 ; 佐藤久訳

平凡社, 2006.11

タイトル別名

For the compromise

For reconciliation

和解のために : 教科書慰安婦靖国独島

和解のために : 教科書・慰安婦・靖国・独島

タイトル読み

ワカイ ノ タメ ニ : キョウカショ イアンフ ヤスクニ トクト

大学図書館所蔵 件 / 251

注記

標題紙裏: "For the compromise / written by Park, Yu-Ha". Original Korean edition published by Puriwa Ipari Publishing

初版第4刷(2008年1月刊行)の標題紙裏には "For reconciliation" と記述

日本-韓国関係年表: p252-261

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

日韓の不信が生む悪循環を脱し、自省と寛容による和解をさぐる。韓国からの呼びかけ。

目次

  • 第1章 教科書—「誇り」から「責任」へ(日本の「反省」と新しい歴史教科書をつくる会;反省する戦後日本 ほか)
  • 第2章 「慰安婦」—「責任」は誰にあるか(「慰安婦はなかった」のか;日本政府の対応と「女性のためのアジア平和国民基金」 ほか)
  • 第3章 靖国—「謝罪」する参拝(小泉首相の「反戦」の意志;靖国と戦後日本 ほか)
  • 第4章 独島—ふたたび境界民の思考を(ふたつの独島ものがたり(一)—近代以前;所有の政治学—名称・逸脱・植民地 ほか)
  • 第5章 和解のために(近代がもたらした四つの問題;本質主義を超えて ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ