日中関係の過去と将来 : 誤解を超えて

書誌事項

日中関係の過去と将来 : 誤解を超えて

岡部達味著

(岩波現代文庫, 社会 ; 144)

岩波書店, 2006.12

タイトル読み

ニッチュウ カンケイ ノ カコ ト ショウライ : ゴカイ オ コエテ

大学図書館所蔵 件 / 152

内容説明・目次

内容説明

中国の外交政策の基本的な流れを説明した後、歴史問題の淵源を考え、日中国交正常化以降の両国の認識ギャップの問題を取り上げる。さらに一九九八年の江沢民の訪日と愛国主義教育、中国の対日新思考、二〇〇四‐〇五年の中国の反日デモ、胡錦涛指導部の対日関係改善への転換、米国の対中戦略の要点である「ステイクホールダー論」の意味を解説し、日中関係の将来を展望する。

目次

  • 序章 日中関係の構図
  • 第1章 国際社会の中の中国
  • 第2章 日中関係の過去と将来—誤解を超えて
  • 第3章 日中関係の変遷(一九九四年‐二〇〇一年)
  • 第4章 〓(とう)小平後の中国外交政策
  • 第5章 中国の対日新思考
  • 第6章 日中関係の打開へ向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ