書誌事項

啓蒙の弁証法 : 哲学的断想

ホルクハイマー, アドルノ著 ; 徳永恂訳

(岩波文庫, 青(33)-692-1)

岩波書店, 2007.1

タイトル別名

Dialektik der Aufklärung : philosophische Fragmente

啓蒙の弁証法

タイトル読み

ケイモウ ノ ベンショウホウ : テツガクテキ ダンソウ

大学図書館所蔵 件 / 271

注記

原著初版 (Querido, 1947) の翻訳

シリーズの番号: 33-692-1(標題紙), 青 692-1(背表紙)

内容説明・目次

内容説明

フランクフルト学派の名著。亡命先のアメリカで書かれた。西欧文明の根本的自己批判として名高い。“啓蒙”の光と闇を理論的軸にオデュッセイア論・サド論で具体的に神話の寓意や道徳の根拠を検証。米国大衆文化や反ユダヤ主義批判によって近代の傷口を暴き現代の課題を示す。

目次

  • 1 啓蒙の概念
  • 2 オデュッセウスあるいは神話と啓蒙
  • 3 ジュリエットあるいは啓蒙と道徳
  • 4 文化産業—大衆欺瞞としての啓蒙
  • 5 反ユダヤ主義の諸要素—啓蒙の限界
  • 6 手記と草案

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8012380X
  • ISBN
    • 9784003369210
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    549p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ