明治・大正の日本の地震学 : 「ローカル・サイエンス」を超えて

書誌事項

明治・大正の日本の地震学 : 「ローカル・サイエンス」を超えて

金凡性著

東京大学出版会, 2007.1

タイトル別名

Beyond local science : the evolution of Japanese seismology during the Meiji and the Taisho eras

明治大正の日本の地震学 : ローカルサイエンスを超えて

タイトル読み

メイジ タイショウ ノ ニホン ノ ジシンガク : ローカル サイエンス オ コエテ

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

欧文タイトルは標題紙裏より

博士論文をまとめたもの

参考文献: p147-172

内容説明・目次

目次

  • 序章 地震学と日本の科学史
  • 第1章 地震計の科学、ネットワークの科学—外国人による地震研究
  • 第2章 予防と防御の科学—「日本の地震学」への変容
  • 第3章 世界を観測する—統計、地震計、そして大森房吉
  • 第4章 物理学の挑戦—大森地震学の忘却
  • 終章 「追いつき」のヒストリオグラフィーを超えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80314003
  • ISBN
    • 9784130667081
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 174p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ