書誌事項

「靖国」という悩み

保阪正康著

(昭和史の大河を往く / 保阪正康著, [第1集])

毎日新聞社, 2007.1

タイトル別名

靖国という悩み

タイトル読み

ヤスクニ ト イウ ナヤミ

大学図書館所蔵 件 / 101

注記

「サンデー毎日」 (2006年7月2日号-10月15日号) に連載したものに月刊誌の「現代」や「世界」に執筆した靖国神社関係の記事を加えてまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

昭和史研究の第一人者が靖国問題の本質を、昭和天皇の怒りの真意を、あの戦争の意味を、渾身の取材と考察で説き起こす大反響必至の一冊。

目次

  • 「靖国」という悩み
  • 「靖国問題」の本質とは何か
  • 「靖国」が発するメッセージ
  • 昭和天皇の「靖国」への思い
  • 遊就館の展示物が示す歴史観
  • 「戦後」が完全に欠落した場所
  • 古賀誠日本遺族会会長の「靖国」への思い
  • 千鳥ヶ淵は国立追悼施設になり得るか
  • 「靖国」と「千鳥ヶ淵」を結ぶ地下水脈
  • 八月十五日の「靖国」鎮霊社の謎
  • 慰霊・哀悼の美名の下での政治運動
  • 謀略史観と歪んだ歴史認識で説く「この国」
  • 遊就館の歴史認識が、外部と共鳴し運動化する時
  • あの戦争はアジア諸国の解放のためだったのか
  • “富田メモ”から読み解く昭和天皇の「靖国」への怒り
  • 問題は何一つ解決せず、また八月十五日は来る
  • 真靖国論—小泉史観の大いなる過ち
  • 靖国神社とA級戦犯
  • あとがきにかえて—靖国神社をこの社会でどのように位置づけるべきか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ