書誌事項

武家奉公人と労働社会

森下徹著

(日本史リブレット, 45)

山川出版社, 2007.2

タイトル読み

ブケ ホウコウニン ト ロウドウ シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

参考文献・参考史料: 巻末

内容説明・目次

内容説明

身分によって成り立つ近世社会には、家や集団から疎外された人たちもたくさんいた。そのなかに労働力販売で日々の糧を得る者があった。かれらには自身の肉体以外に共同で守るべき所有対象はないし、その労働もだれにでも代替できるものだった。社会の構成原理からは異質な存在ではあったが、それでも当時の社会はかれらの労働を必要とし、むしろそれに依存するものともいえた。その最たるものが武士がかかえた武家奉公人なのである。そのあり方をとおして、近世における労働社会のありようにいささかなりとも迫ってみたい。

目次

  • 身分社会と奉公人
  • 1 武士の役
  • 2 奉公人の調達
  • 3 萩城下の成り立ち
  • 4 周縁部の宿
  • 5 奉公人の結びつき

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80962535
  • ISBN
    • 9784634544505
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    101p, 図版[1]枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ