モナリザの秘密 : 絵画をめぐる25章

書誌事項

モナリザの秘密 : 絵画をめぐる25章

ダニエル・アラス [著] ; 吉田典子訳

白水社, 2007.3

タイトル別名

Histoires de peintures

モナリザの秘密 : 絵画をめぐる25章

タイトル読み

モナ リザ ノ ヒミツ : カイガ オ メグル 25ショウ

大学図書館所蔵 件 / 175

内容説明・目次

内容説明

なぜラファエッロの“サン・シストの聖母”の二人の天使は、憂鬱そうなふくれっ面をしているのか?なぜ“モナリザ”の背後の原初的風景のなかに、人工的な橋があるのか?推理小説を読むように明かされていく、絵本の細部(ディテール)、絵画のナゾ。

目次

  • 好きな絵
  • “モナリザ”
  • 言葉によらない思考としての絵画
  • 遠近法の発明
  • 遠近法と受胎告知
  • 聖母マリアはあらゆる尺度をのがれる
  • ヒッチハイカーの大天使
  • 画家の秘密
  • ゲームの規則
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの遠近法〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ