書誌事項

武士道

新渡戸稲造著 ; 矢内原忠雄訳

(岩波文庫, 33-118-1, 青118-1)

岩波書店, 2007.4

第91刷改版

タイトル別名

Bushido, the soul of Japan

タイトル読み

ブシドウ

大学図書館所蔵 件 / 129

注記

ページ数の違いにより第15刷改版<BN07517928>とは別書誌とする [岩波文庫創刊80周年記念改版重版の出版社の刊行案内では「活字を大きくし、字詰め行間を改め、より読みやすくしました」とある]

原著 (Philadelphia: Leeds and Biddle, 1899) の全訳

内容説明・目次

内容説明

「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」—こう説きおこした新渡戸(1862‐1933)は以下、武士道の淵源・特質、民衆への感化を考察し、武士道がいかにして日本の精神的土壌に開花結実したかを説き明かす。「太平洋の懸橋」たらんと志した人にふさわしく、その論議は常に世界的コンテクストの中で展開される。

目次

  • 道徳体系としての武士道
  • 武士道の淵源
  • 勇・敢為堅忍の精神
  • 仁・惻隠の心
  • 名誉
  • 忠義
  • 武士の教育および訓練
  • 克己
  • 自殺および復仇の制度
  • 刀・武士の魂
  • 婦人の教育および地位
  • 武士道の感化
  • 武士道はなお生くるか
  • 武士道の将来

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81504591
  • ISBN
    • 4003311817
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    177p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ