書誌事項

空間・時間・物質

ヘルマン・ワイル著 ; 内山龍雄訳

(ちくま学芸文庫, [ワ-12-1]-[ワ-12-2])

筑摩書房, 2007.4

タイトル別名

Raum, Zeit, Materie : Vorlesungen über allgemeine Relativitätstheorie

空間時間物質

タイトル読み

クウカン ジカン ブッシツ

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

原著第5版の翻訳

講談社1973年刊の再刊

参考文献: 下p251-271

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784480090614

内容説明

ヒルベルトを数学の父に、フッサールを哲学の母にもったワイルは、数学の詩人とも呼ばれ、思索力と表現力において他の追随を許さなかった。その卓越した力量は、一般相対性理論によってドラスティックに変革された空間・時間・物質の関係をみごとに統一的に叙述し、理論生みの親アインシュタイン以上にその本質を描ききったとも評された。本書は、その思考過程や縦横に展開された思索の深さを学ぶための最良のテキストとして評価が高い。翻訳は難解な原著をよく咀嚼し、懇切にその叙述が補われていることでも知られ、理論をめざす学生への格好の贈り物となっている。

目次

  • 第1章 ユークリッド空間:数学的定式化と物理学における役割(同等概念と空間概念;アフィン幾何学の基礎;n次元幾何学の概念。線形代数。二次形式 ほか)
  • 第2章 距離連続体(非ユークリッド幾何学について;リーマン幾何学;平行移動と曲率 ほか)
  • 第3章 空間および時間の相対性(ガリレイの相対性原理;時間的に変化する電磁場の電気力学。ローレンツの相対性理論;アインシュタインの相対性原理 ほか)
巻冊次

下 ISBN 9784480090621

内容説明

ヒルベルトを数学の父に、フッサールを哲学の母にもったワイルは、数学の詩人とも呼ばれ、思索力と表現力において他の追随を許さなかった。その卓越した力量は、一般相対性理論によってドラスティックに変革された空間・時間・物質の関係をみごとに統一的に叙述し、理論生みの親アインシュタイン以上にその本質を描ききったとも評された。本書は、その思考過程や縦横に展開された思索の深さを学ぶための最良のテキストとして評価が高い。翻訳は難解な原著をよく咀嚼し、懇切にその叙述が補われていることでも知られ、理論をめざす学生への格好の贈り物となっている。

目次

  • 第4章 一般相対性理論(運動の相対性。計量場と重力;重力に対するアインシュタインの基本法則;静的重力場。実験との比較;重力波;真空中における静的球対称重力場;太陽重力場内における光線と惑星の運動;静的重力場の厳密解(つづき);羅針儀と回転;重力場のエネルギー。受動的重力質量と能動的重力質量;力学的基本法則。場と物質 ほか)
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81591610
  • ISBN
    • 9784480090614
    • 9784480090621
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ