メディアと権力 : 情報学と社会環境の革変を求めて

書誌事項

メディアと権力 : 情報学と社会環境の革変を求めて

ジェームズ・カラン著 ; 渡辺武達監訳

論創社, 2007.4

タイトル別名

Media and power

タイトル読み

メディア ト ケンリョク : ジョウホウガク ト シャカイ カンキョウ ノ カクヘン オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 183

注記

原著 (London : Routledge, 2002) をベースに、3章を著者自身が現況の内容に入替えたものの全訳

原著掲載の参考文献リスト、および新章用追加文献: p400-444

内容説明・目次

内容説明

権力は情報を操作し民衆を動かしてきたか?インターネットの出現をふまえて「メディア」の全体像を、歴史学・社会学・政治学の観点から解く、メディア研究の白眉。

目次

  • 第1部 メディアの歴史学(メディア史論の相克;「新しいメディア」と権力;資本主義と報道統制)
  • 第2部 メディアの社会学(メディア研究とカルチュラルスタディーズにおける新たな見直し;メディア社会学の中心課題;グローバル・ジャーナリズム:インターネットのケーススタディ)
  • 第3部 メディアの政治学(グローバル化・社会変化・テレビ改革;民主制の維持とメディア)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ