金正日と日本の知識人 : アジアに正義ある平和を

書誌事項

金正日と日本の知識人 : アジアに正義ある平和を

川人博著

(講談社現代新書, 1897)

講談社, 2007.6

タイトル別名

金正日と日本の知識人 : アジアに正義ある平和を

タイトル読み

キム ジョンイル ト ニホン ノ チシキジン : アジア ニ セイギ アル ヘイワ オ

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

参考文献: p190-191

世界に広がる北朝鮮による拉致被害者 (2007年5月現在): p192

拉致関係年表: p193-206

内容説明・目次

内容説明

六者協議の進展を図りつつ「拉致問題」の解決をすることが荊棘の道であることを、日本人は知っている。著名大学教授は、“虚妄”を説き論点を巧妙にズラしている…。マスメディア注目の大論争、「金正日サポーター」問題の核心がここにある。

目次

  • プロローグ なぜ論争を提起したのか
  • 第1章 姜尚中氏は、民衆とともに闘え—『諸君!』『週刊朝日』での論争
  • 第2章 知識人の責任を問う
  • 第3章 苦悩する在日と私
  • 第4章 拉致被害者を救い、北朝鮮に人権の旗を
  • 第5章 アジアの人権と平和を求めて
  • エピローグ 被害者救出と金正日独裁体制の崩壊をめざして

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ