書誌事項

新音楽の哲学

Th.W.アドルノ著 ; 龍村あや子訳

平凡社, 2007.7

タイトル別名

Philosophie der neuen Musik

新音楽の哲学

タイトル読み

シンオンガク ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 150

注記

原著(Europäische Verlagsanstalt, 1958)の翻訳

内容説明・目次

内容説明

この世界のあらゆる暗闇と罪を、新音楽は自らに引き受けた。新音楽の幸せのすべては、不幸を認識することにあり、新音楽の美のすべては、美の仮象を断念することにある。個人であれ集団であれ、新音楽と関わりをもちたいと思う者はいない。その音楽は、耳に届くことなく、こだますることもなく、やがて消えてゆく。“新音楽”は、破局の時代に対する批判たりうるか。待望の新訳決定版。

目次

  • 序論(題材の選択について;新しい妥協主義;虚偽的音楽意識 ほか)
  • シェーンベルクと進歩(作品の動揺;素材の傾向;仮象と遊戯に対するシェーンベルクの批判 ほか)
  • ストラヴィンスキーと復古(真正さ;意図の喪失と犠牲;根源現象としての手回しオルガン ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ