書誌事項

八幡神と神仏習合

逵日出典著

(講談社現代新書, 1904)

講談社, 2007.8

タイトル読み

ハチマンシン ト シンブツ シュウゴウ

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

参考文献: p252-255

内容説明・目次

内容説明

八幡の神は新羅の神が日本化して生まれた。「国家の危機」に八幡神が果たした大きな役割を探る。

目次

  • 第1章 神奈備信仰(神体山信仰)と仏教の伝来
  • 第2章 神仏習合現象の始まり
  • 第3章 八幡という神の成立
  • 第4章 八幡神の発展と神仏習合
  • 第5章 習合現象の中央進出と八幡大菩薩の顕現
  • 第6章 本地垂迹説の成立
  • 第7章 八幡仏教徒の国東進出
  • 第8章 八幡信仰の全国的広がりと神仏習合

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82778049
  • ISBN
    • 9784062879040
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    255p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ