紙芝居と「不気味なもの」たちの近代

書誌事項

紙芝居と「不気味なもの」たちの近代

姜竣著

(越境する近代, 4)

青弓社, 2007.8

タイトル別名

紙芝居と不気味なものたちの近代

タイトル読み

カミシバイ ト ブキミナ モノ タチ ノ キンダイ

大学図書館所蔵 件 / 183

内容説明・目次

内容説明

戦前には「不気味なもの」として警察によって都市から排除される一方で、教育現場に包摂され活用された紙芝居。その歴史をふまえて紙芝居『墓場奇太郎』の怪奇譚としての一面を明らかにして、紙芝居とその時代に映る「不気味なもの」から幻想と異端の実相を逆照射する。

目次

  • 境界と両義性を超えて
  • 第1部 紙芝居はどこからくるのか(紙芝居の時代;紙芝居に介入する社会)
  • 第2部 物語とメディア(醜いヒーローの形態学;絵の「声」を聴く)
  • 第3部 「不気味なもの」たち(怪奇の近代;「不気味なもの」をめぐる問題系)
  • 越境するローカルなもの

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ