評伝パウル・ツェラン

書誌事項

評伝パウル・ツェラン

関口裕昭著

慶應義塾大学出版会, 2007.10

タイトル別名

Paul Celan

評伝パウルツェラン

パウル・ツェラン : 評伝

タイトル読み

ヒョウデン パウル ツェラン

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

欧文タイトルはカバー・ジャケットによる

パウル・ツェラン略年譜: p465-473

参考文献: 巻末p10-20

内容説明・目次

内容説明

戦後ヨーロッパを代表するドイツ系ユダヤ人の詩人、パウル・ツェラン(Paul Celan,1920〜70)。多民族・多言語が往来する東欧の都市チェルノヴィッツでの誕生から、強制収容所での両親の死、豊かな文学的交友と裏腹のいわれなき誹謗中傷、そして、やがて訪れるセーヌ川での最期まで—。栄光と奈落の間に生きた激動の半世紀を、新資料を含む一次資料や、ツェランの知人・友人へのインタヴュー成果を交えて精巧に描いた初の本格評伝。

目次

  • プロローグ—チェルノヴィッツ、人間と書物が生きていた土地
  • カスターニエンの樹々の向こうには世界がある—幼年時代(一九二〇〜三〇)
  • 成長—初めての詩作(一九三〇〜三八)
  • 黒い雪片—母に届けられなかった手紙(一九三九〜四四)
  • 死のフーガ—ブカレストでの青春(一九四五〜四七)
  • 鏡の中は日曜日—古都ウィーンに燃える恋(一九四七〜四八)
  • グラスの中の停泊地—パリ初期(一九四八〜五二)
  • 慰めようとしない輝き—新しい死、新しい誕生(一九五三〜五七)
  • あらゆるあなたの悲しみの上に—栄光と奈落のあいだで(一九五八〜六〇年)
  • 盲目へと説き伏せられて—崩壊の予兆(一九六一〜六三)
  • 息の結晶—妻との共同作業(一九六四〜六六)
  • 心の中に来るべき言葉を期待して—ハイデガーとの邂逅と五月革命(一九六七〜六八)
  • 言え、エルサレムはあると—最後の日々(一九六九〜七〇)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83511598
  • ISBN
    • 9784766413991
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 479, 20p, 図版 [16] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ