書誌事項

戦前の少年犯罪

管賀江留郎著

築地書館, 2007.10

タイトル読み

センゼン ノ ショウネン ハンザイ

大学図書館所蔵 件 / 298

注記

戦前の少年犯罪年表: 巻末p1-25

参考文献: 巻末p30-33

内容説明・目次

内容説明

昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害。昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ。昭和17年、18歳が9人連続殺人。親殺し、祖父母殺しも続発!現代より遙かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、恐るべき子どもたちの犯罪目録!なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?発掘された膨大な実証データによって戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた。

目次

  • 戦前は小学生が人を殺す時代
  • 戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
  • 戦前は親殺しの時代
  • 戦前は老人殺しの時代
  • 戦前は主殺しの時代
  • 戦前はいじめの時代
  • 戦前は桃色交遊の時代
  • 戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
  • 戦前は体罰禁止の時代
  • 戦前は教師を殴る時代
  • 戦前はニートの時代
  • 戦前は女学生最強の時代
  • 戦前はキレやすい少年の時代
  • 戦前は心中ブームの時代
  • 戦前は教師が犯罪を重ねる時代
  • 戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83608157
  • ISBN
    • 9784806713555
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    294, 33p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ