高齢社会を生きる : 老いる人/看取るシステム

書誌事項

高齢社会を生きる : 老いる人/看取るシステム

清水哲郎編

(未来を拓く人文・社会科学, 3)

東信堂, 2007.10

タイトル別名

高齢社会を生きる : 老いる人看取るシステム

タイトル読み

コウレイ シャカイ オ イキル : オイル ヒト ミトル システム

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

執筆者: 日笠晴香ほか

引用参考文献: 章末

収録内容

  • 人生の終末期における医療と介護 : 意思決定プロセスをめぐって / 清水哲郎 [著]
  • 予め決めておく : 事前指示をどう考えるか / 日笠晴香 [著]
  • 食べられなくなったとき : 胃瘻という選択肢の意味 / 会田薫子 [著]
  • 「看取りの文化」の再構築へむけて : 「間」へのまなざし / 竹之内裕文 [著]
  • 「看取り」を支える市民活動 : ホスピスボランティアの現場から / 田代志門 [著]
  • さまよえる高齢者の現実 : 療養病床を持つ病院の個人データからみえてくるもの / 西本真弓 [著]
  • 高齢者をめぐる医療システムのこれから : お金は大事だがすべてではない? / 吉田あつし [著]
  • 医師が目指す「ナラティブホーム」 / 佐藤伸彦 [著]

内容説明・目次

内容説明

現場から考える高齢者の生・死・看取り。知の新しい道しるべ。家庭や地域における高齢者医療の現状と課題を捉え直し、新たな実践の場として「ナラティブホーム」をドキュメントする。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。

目次

  • 1 家庭と医療現場をつなぐ(人生の終末期における医療と介護—意思決定プロセスをめぐって;予め決めておく—事前指示をどう考えるか;食べられなくなったとき—胃瘻という選択肢の意味)
  • 2 地域社会における生と死(「看取りの文化」の再構築へむけて—「間」へのまなざし;「看取り」を支える市民活動—ホスピスボランティアの現場から)
  • 3 高齢化医療システムの現状と課題(さまよえる高齢者の現実—療養病床を持つ病院の個人データからみえてくるもの;高齢者をめぐる医療システムのこれから—お金は大事だがすべてではない?;医師が目指す「ナラティブホーム」)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ