そのとき、エンジニアは何をするべきなのか : 物語で読む技術者の倫理と社会的責任

書誌事項

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか : 物語で読む技術者の倫理と社会的責任

Alastair S.Gunn, P.Aarne Vesilind著 ; 藤本温, 松尾秀樹訳

森北出版, 2007.11

タイトル別名

Hold paramount : the engineer's responsibility to society

そのときエンジニアは何をするべきなのか

タイトル読み

ソノトキ エンジニア ワ ナニ オ スルベキ ナノカ : モノガタリ デ ヨム ギジュツシャ ノ リンリ ト シャカイテキ セキニン

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

原タイトル: Hold paramount

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

エンジニアとして順調にキャリアをのばすクリス。クライアントからの贈り物、東南アジアでのリゾート開発、海外で仕事をするうえでの職業文化の違い、ヘッドハンティングなど、さまざまな経験を積んでいた。充実した日々を送り、確実に業績を上げていたかにみえたある日、構造的な欠陥の疑いを、クリスがその完成前に指摘していたホテルが、重大な問題を引き起こすことに…。岐路に立たされたエンジニア、そのとき彼は何を優先するのか。

目次

  • 正しいことをする
  • エンジニアリング・プロフェッション
  • 福利厚生を高める
  • 最優先する
  • 公衆の安全
  • プロフェッショナルとしての能力開発
  • 謝礼を求める、あるいは受け取る
  • 自画自賛の言葉
  • 仕事を確保するための貢献
  • 他のメンバーのプロフェッショナルとしての能力開発
  • 海外での仕事
  • 名誉と威厳を保つ
  • 律儀なエージェント
  • 利害の相反を避ける
  • 客観的で誠実なやり方

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83755934
  • ISBN
    • 9784627973213
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 250p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ