書誌事項

家族のデザイン

小長谷有紀編

(未来を拓く人文・社会科学, 4)

東信堂, 2008.1

タイトル読み

カゾク ノ デザイン

大学図書館所蔵 件 / 150

注記

参考文献: 章末

「『座談会』家族のデザインの」その他の述者: 津谷典子, 松岡悦子, 小長谷有紀

年表あり

収録内容

  • 家族への冒険 / 小長谷有紀 [執筆]
  • 宗門人別改帳から見た家族の姿 / 黒須里美 [執筆]
  • ポストモダンの出産と家族 / 松岡悦子 [執筆]
  • パラサイトシングルという問題 / 宇田川妙子 [執筆]
  • 女性と家族 : 少子化のゆくえ / 津谷典子 [執筆]
  • 働き方の国際比較 / 吉田千鶴 [執筆]
  • 『座談会』家族のデザイン / 山極壽一 [ほか述]

内容説明・目次

内容説明

多様かつ変容し続けるのが家族の歴史的実態だ。少子高齢社会の現実を見据え、通念を超えた新たな現代家族の創出を目指す。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。シングルというスタイルの選択があることを含めて、「他者とともに生きる自立」という観点から、「家族」を切り口にして社会全体の未来に資することを試みている。

目次

  • 第1章 家族への冒険(「出生の秘密」とは何か;継子の描かれ方;「捨子」をめぐる言説;日本の近世、韓国・朝鮮の場合;現代の表象)
  • 第2章 ポストモダンの出産と家族(社会の変貌—冷たい社会から熱い社会へ;リプロダクションの現在;出産の移り変わり—前近代からポストモダンまで;パラダイム変換—産み方と家族;新しい家族の創造に向けて—自然/文化、そして人工)
  • 第3章 女性と家族—少子化のゆくえ(女性の社会的地位とジェンダー・システム;わが国の少子化と女性の社会的地位;わが国の家庭内ジェンダー関係;仕事と家庭の両立への政策的支援;女性と家族から見た少子化のゆくえ)
  • 第4章 座談会・家族のデザイン

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84906660
  • ISBN
    • 9784887138070
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 208p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ