書誌事項

建部賢弘の数学

小川束, 佐藤健一, 竹之内脩, 森本光生著

共立出版, 2008.3

タイトル別名

The mathematics of Takebe Katahiro

タイトル読み

タケベ カタヒロ ノ スウガク

大学図書館所蔵 件 / 131

注記

読書案内: p[183]-191

内容説明・目次

内容説明

関孝和の第一の門弟であり、円周率や円弧の長さの計算など多大なる業績をあげた、江戸時代の数学者建部賢弘(1664〜1739)。8代将軍吉宗にも仕えた賢弘の時代・人・数学を詳細に解説し、興味に応じた多角的な視点を提供。

目次

  • 第1部 建部賢弘の時代と人(建部賢弘の生涯;建部賢弘の著作;中国数学の受容;和算の確立)
  • 第2部 建部賢弘の数学(微積でない微積;42桁の円周率;弧の長さを求めて;無限級数の発見;幾何の代数化;魔方陣)
  • 第3部 建部賢弘の数学思想とその後(数学とは何か、数学者とは誰か;建部賢弘その後)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85493442
  • ISBN
    • 9784320018617
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 201p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ