恋のメランコリー : シェイクスピア喜劇世界のシミュレーション

書誌事項

恋のメランコリー : シェイクスピア喜劇世界のシミュレーション

中野春夫著

研究社, 2008.11

タイトル読み

コイ ノ メランコリー : シェイクスピア キゲキ セカイ ノ シミュレーション

大学図書館所蔵 件 / 127

内容説明・目次

内容説明

シェイクスピア時代の観客はお芝居を「聞いて」どのような劇世界を作りあげていたのか。社会史、文化史の成果をふんだんに取りこみ、シェイクスピアの喜劇世界を大胆不敵なシミュレーションで再現する。

目次

  • プロローグ 「お芝居を聞いて心を陽気に」—シェイクスピアの芝居小屋
  • 第1章 「妻の死肉を食らった男の物語」—『あらし』のシミュレーション
  • 第2章 「結婚は罪を犯さないための救済」—婚姻契約のシミュレーション
  • 第3章 「永遠の契約を交わすにはあまりにも」—結婚と離婚の制度的背景
  • 第4章 「恋人と狂人の脳は煮えたぎる」—夏の夜の妄想と錯覚
  • 第5章 「支配されるが支配することはない」—階層の巨大な壁
  • 第6章 「広大な低層ビルの上にそびえ立つ摩天楼」—シェイクスピア喜劇の階層モデル
  • エピローグ 「私のあらゆる不動産、家屋、世襲財産のすべて」—シェイクスピアとプロスペローの夢

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ