書誌事項

哲学原理

ルネ・デカルト著 ; 山田弘明 [ほか] 訳・注解

(ちくま学芸文庫, [テ6-2])

筑摩書房, 2009.3

タイトル別名

Principia philosophiae

タイトル読み

テツガク ゲンリ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

その他の訳・注解者: 吉田健太郎, 久保田進一, 岩佐宣明

文献: p340-345

日本語・ラテン語索引あり

内容説明・目次

内容説明

近代哲学の父デカルトが、形而上学・自然学における全ての知を書き記した『哲学原理』。ここでは、『方法序説』で打ち出され『省察』で精錬されたデカルト哲学が、中世スコラ哲学との対峙・対決を通して、ついに完成をみる。後年のスピノザによる講釈や、ニュートンが愛読したことでも名高く、加えて近年では、人間の自由意志への解釈などが展開されている点で新たな注目を集めている必読古典書。この文庫では『哲学原理』第一部(形而上学の部分)を新たに全訳し、最新の研究成果を盛りこんだ訳者注解を完備、第二部以降(物理学・天文学・地学等)の要約を付す。

目次

  • 著者の書簡(仏訳序文)
  • エリザベト王女への献辞
  • 『哲学原理』第一部(本文・解釈・参照)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89387243
  • ISBN
    • 9784480092083
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    latfre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    374p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ