林忠正 : 浮世絵を越えて日本美術のすべてを

書誌事項

林忠正 : 浮世絵を越えて日本美術のすべてを

木々康子著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2009.4

タイトル別名

林忠正(はやしただまさ) : 浮世絵を越えて日本美術のすべてを

林忠正

タイトル読み

ハヤシ タダマサ : ウキヨエ オ コエテ ニホン ビジュツ ノ スベテ オ

大学図書館所蔵 件 / 248

注記

参考文献: p349-357

林忠正関係年表: p367-383

内容説明・目次

内容説明

林忠正(一八五三〜一九〇六)は在仏二十五年の美術商。日本美術を海外に紹介し、印象派の作品を初めて日本にもたらした。一九〇〇年パリ万博の事務官長も務め、輸出貿易にも心を尽す。その見識は祖国では全く理解されず、浮世絵を流出させた“国賊”とまで言われた。初めて、その実像を多角的に描く。

目次

  • 生い立ちから渡仏まで
  • 一八七八年パリ万国博覧会
  • 開店まで
  • 美術店を開く
  • パリと浮世絵
  • 浮世絵の時代
  • 失われた時を求めて
  • 印象派と日本
  • シカゴ・コロンビア世界博覧会と「十二の鷹」
  • エドモン・ド・ゴンクールとS.ビング
  • 一九〇〇年パリ万博展覧会
  • 別離と死

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ