カントの哲学 : 「私は、人間として、何であるか」への問い

書誌事項

カントの哲学 : 「私は、人間として、何であるか」への問い

岩隈敏著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2009.4

タイトル別名

カントの哲学 : 私は人間として何であるかへの問い

タイトル読み

カント ノ テツガク : ワタクシ ワ ニンゲン トシテ ナン デアルカ エノ トイ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

参考文献: p269-272

内容説明・目次

内容説明

有限な人間の立場から、カントとともに哲学する。無限的なもの、絶体的なものを批判的に承認しながら、三批判書の複雑で難解な諸部分の構造と相互の関係をときほぐし、「私は、人間として、何であるか」を、理性の光のもとで解明する。

目次

  • 第1章 私は何を知ることができるか—理論的経験の可能性(哲学の課題;デカルトとイギリス経験論—質料的観念論 ほか)
  • 第2章 私は何をなすべきであるか—道徳的経験の可能性(探求の課題;実践的法則の必然性と普遍性 ほか)
  • 第3章 私は何を美しいと感じるか—美感的経験の可能性(『判断力批判』の課題;快、不快の感情に関する思索の変遷 ほか)
  • 終章 道徳神学、宗教論に向けて(善い魂と美しい魂;自然と道徳の統一 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89721028
  • ISBN
    • 9784790714095
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xiii, 285p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ