書誌事項

アフリカのことばと社会 : 多言語状況を生きるということ

梶茂樹, 砂野幸稔編著

三元社, 2009.4

タイトル別名

アフリカのことばと社会 : 多言語状況を生きるということ

タイトル読み

アフリカ ノ コトバ ト シャカイ : タゲンゴ ジョウキョウ オ イキル ト イウ コト

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

まえがき(砂野幸稔), あとがき(梶茂樹)

参考文献: 各章末

収録内容

  • アフリカにおける言語と社会 / 梶茂樹 [執筆]
  • アフリカの言語問題 : 植民地支配からひきついだもの / 砂野幸稔 [執筆]
  • 言語の命を支える民族のアイデンティティ : 言語大国・ナイジェリアのケース / 塩田勝彦 [執筆]
  • 英語主義か多言語主義か : ガーナの言語問題 / 古閑恭子 [執筆]
  • 拡大するウォロフ語と重層的多言語状況の海に浮かぶフランス語 : セネガル / 砂野幸稔 [執筆]
  • ストリートで生成するスラング : コート・ジボワール、アビジャンの都市言語 / 鈴木裕之 [執筆]
  • アフリカ諸語の有無が生む差異 : カボ・ベルデとギニア・ビサウの場合 / 市之瀬敦 [執筆]
  • 多言語使用と教育用言語を巡って : コンゴ民主共和国の言語問題 / 梶茂樹 [執筆]
  • 文字は誰のものか : エチオピアにおける諸言語の文字化をめぐって / 柘植洋一 [執筆]
  • 数百万人の「マイノリティ」 : ウォライタ(エチオピア)の場合 / 若狭基道 [執筆]
  • 言語的多様性とアイデンティティ、エスニシティ、そしてナショナリティ : ケニアの言語動態 / 品川大輔 [執筆]
  • 多民族・多言語社会の諸相 : ウガンダにおける言語政策と言語使用の実態 / 宮崎久美子 [執筆]
  • スワヒリ語の発展と民族語・英語との相克 : タンザニアの言語政策と言語状況 / 竹村景子, 小森淳子 [執筆]
  • 未完の「国語」 : マダガスカル語とフランス語の相克 / 深澤秀夫 [執筆]
  • 動き続けるアフリカ諸語 : ナミビアの言語事情 / 米田信子 [執筆]
  • 11公用語政策の理想と現実 : アパルトヘイト後の南アフリカ共和国言語事情 / 神谷俊郎 [執筆]
  • アメリカ手話とフランス語の接触が生んだ手話言語 : フランス語圏西・中部アフリカ / 亀井伸孝 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

圧倒的大多数の現地語といくつかのヨーロッパ諸語の織りなす重層的な多言語使用の実態。危機言語、母語主義といった西側世界による介入。それらがつくり出す複雑な言語状況を概観し、サハラ以南アフリカ14カ国の、ことばと社会をめぐる諸問題を具体的に論じる。アフリカ社会を理解するうえで、なぜ言語問題が重要なのかを明らかにし、アフリカ地域研究への新たな視点を提示。

目次

  • アフリカにおける言語と社会
  • アフリカの言語問題—植民地支配からひきついだもの
  • 言語の命を支える民族のアイデンティティ—言語大国・ナイジェリアのケース
  • 英語主義か多言語主義か—ガーナの言語問題
  • 拡大するウォロフ語と重層的多言語状況の海に浮かぶフランス語—セネガル
  • ストリートで生成するスラング—コート・ジボワール、アビジャンの都市言語
  • アフリカ諸語の有無が生む差異—カボ・ベルデとギニア・ビサウの場合
  • 多言語使用と教育用言語を巡って—コンゴ民主共和国の言語問題
  • 文字は誰のものか—エチオピアにおける諸言語の文字化をめぐって
  • 数百万人の「マイノリティ」—ウォライタ(エチオピア)の場合
  • 言語的多様性とアイデンティティ、エスニシティ、そしてナショナリティ—ケニアの言語動態
  • 多民族・多言語社会の諸相—ウガンダにおける言語政策と言語使用の実態

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89934594
  • ISBN
    • 9784883032389
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xviii, 557p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ