アンティキテラ古代ギリシアのコンピュータ

書誌事項

アンティキテラ古代ギリシアのコンピュータ

ジョー・マーチャント著 ; 木村博江訳

文藝春秋, 2009.5

タイトル別名

Decoding the heavens : solving the mystery of the world's first computer

アンティキテラ : 古代ギリシアのコンピュータ

タイトル読み

アンティキテラ コダイ ギリシア ノ コンピュータ

大学図書館所蔵 件 / 131

内容説明・目次

内容説明

発見された2000年前の沈没船、引き揚げられた奇妙な謎の機械、その機械の内部には、複雑な歯車の構造があった。歯車による入力と出力の自在な変換は、中世の時計の発明を待たねばならぬはずだった。それが蒸気機関と結びついた時、「産業革命」が興り、数字と結びついた時、コンピュータは生まれた。二〇〇〇年前のギリシア人がつくりあげたその機械—アンティキテラ。いったい誰が何のために創った機械だったのか?大興奮必至の科学ノンフィクション。

目次

  • 1 海底より現れしもの
  • 2 ありえない
  • 3 「戦利品」
  • 4 科学史は塗りかえられた
  • 5 大胆な推理
  • 6 十九世紀のコンピュータがふたりを結びつけた
  • 7 すべては解読の名誉のために
  • 8 最強の布陣
  • 9 みごとな設計
  • 10 アルキメデスの影

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ