書誌事項

九州の蘭学 : 越境と交流

W・ミヒェル, 鳥井裕美子, 川嶌眞人共編

思文閣出版, 2009.7

タイトル読み

キュウシュウ ノ ランガク : エッキョウ ト コウリュウ

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

参考文献・資料: 節末

内容説明・目次

目次

  • 第1章 江戸前期(沢野忠庵・向井元升・西玄甫—南蛮と紅毛のはざま;カスパル・シャムベルゲル—新しい医療術をもたらしたドイツ人外科医;河口良庵—初期紅毛流外科の草分け ほか)
  • 第2章 江戸中期(前野良沢—晩学の異才;吉雄耕牛—豪邁にして名高きオランダ通詞・蘭方医;本木良永—日本のコペルニクス ほか)
  • 第3章 江戸後期(村上玄水—中津のレオナルド・ダビンチ;奥平昌高—夢多き蘭学大名;大江春塘—蘭和辞書を出版した藩医 ほか)
  • 幕末(大庭雪斎—識見の高い蘭学教師;ファビウス—長崎海軍伝習の起案者;島津斉彬—集成館事業の推進者 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90180264
  • ISBN
    • 9784784214105
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 359, xip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ