益川敏英と科学の仲間 : ノーベル物理学賞受賞記念

著者

    • 『日本の科学者』編集委員会 ニホン ノ カガクシャ ヘンシュウ イインカイ

書誌事項

益川敏英と科学の仲間 : ノーベル物理学賞受賞記念

『日本の科学者』編集委員会編

本の泉社, 2009.9

タイトル別名

Toshihide Masukawa and friend in the scientific community

タイトル読み

マスカワ トシヒデ ト カガク ノ ナカマ : ノーベル ブツリガクショウ ジュショウ キネン

大学図書館所蔵 件 / 117

内容説明・目次

内容説明

2008年ノーベル物理学賞受賞の益川敏英が真理探究の情熱と平和への思いを語る。研究仲間との討論と支え合い、民主的であること、開放的であることのかけがえのなさを伝える。

目次

  • 第1部 科学の心、平和への情熱(座談会 科学の心、平和への情熱(益川敏英・九後太一・鈴木恒雄・生井兵治);対談 素粒子のふしぎから憲法9条まで(益川敏英・不破哲三);戦争、200年でなくせる(益川敏英);現代の物質観—素粒子はどこまでわかったか(益川敏英);基礎研究は大学でしかできない(益川敏英) ほか)
  • 第2部 素粒子物理学と教育・研究のあり方(「破れた対称性」と日本の素粒子物理学(沢田昭二);科学技術基本計画と「基礎研究の推進」の現実(野村康秀);大学における教育・研究のあり方—「大学評価」と「競争的資金」の実態(池内了);初等中等教育段階における理科教育のあり方—子どもたちの科学的な思考力を育てるために(梶山正明);対談 大学改革と現代科学の課題(益川敏英・大西広))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91308250
  • ISBN
    • 9784780704808
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ