使える!経済学の考え方 : みんなをより幸せにするための論理

書誌事項

使える!経済学の考え方 : みんなをより幸せにするための論理

小島寛之著

(ちくま新書, 807)

筑摩書房, 2009.10

タイトル別名

使える経済学の考え方

タイトル読み

ツカエル ケイザイガク ノ カンガエカタ : ミンナ オ ヨリ シアワセ ニ スル タメ ノ ロンリ

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

参考文献: p237-238

内容説明・目次

内容説明

経済学とは単なる「お金儲け」の学問ではない。「どうすれば、みんなが幸福になれるか」を探究する営みだ—。世の中では、ある人の幸せが他の人の不幸へとつながることがしばしば起こる。では、そうした不可避の困難のもと、あるべき社会の形をどう構想すればよいのか。本書は最先端の確率理論を駆使して、この難題に鋭く切り込む試みである。不確実な世界における人間の行動様式の本質を抽出し、そこから、自由で平等な社会のあり方をロジカルに(しかし熱いハートで)基礎づける。

目次

  • 序章 幸福や平等や自由をどう考えたらいいか
  • 第1章 幸福をどう考えるか—ピグーの理論
  • 第2章 公平をどう考えるか—ハルサーニの定理
  • 第3章 自由をどう考えるか—センの理論
  • 第4章 平等をどう考えるか—ギルボアの理論
  • 第5章 正義をどう考えるか—ロールズの理論
  • 第6章 市場社会の安定をどう考えるか—ケインズの貨幣理論
  • 終章 何が、幸福や平等や自由を阻むのか—社会統合と階級の固着性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91576668
  • ISBN
    • 9784480065094
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ